スキンケア

赤ら顔は「しろ彩」のダブル使い!化粧水&セラミドリッチクリームの口コミレビュー

この記事は赤ら顔を化粧水などでケアしたいという方への記事です。

私も20代の頃、目の下から頬にかけて真っ赤になってしまい、本気で赤ら顔に悩んでいたので、その悩みの深さは分かります。

メイクで隠そうとグリーン系のコントロールカラー下地を使っても、むしろ厚塗りで目立ってしまったり、高価なデパコスを買っても効果を実感できずにがっかりしたり・・・

鏡を見ながら困った様子の女性

 

でもね、赤ら顔が治った今になって思うのは、メイクで隠すのはその場しのぎの解決にしかならなくて意味がないということ。

そして高い化粧品を使っても、赤ら顔専用の化粧水じゃないと期待する効果は得られないということ。

 

やっぱり赤ら顔には、赤ら顔にアプローチする成分が配合されている赤ら顔専用の化粧水を使うべきなんです。

 

ただ、赤ら顔といっても原因はさまざま。

そして赤ら顔の原因を自分で判断するのは難しいですよね。

そんな方にピッタリだなと思うのが「しろ彩」の化粧水とクリームのライン使い

白漢しろ彩の化粧水(ラメラローション)とセラミドリッチクリーム

 

医学雑誌「診療と新薬」にも、しろ彩の化粧水とクリームの併用で赤ら顔の改善効果があったと掲載されています。

 

「しろ彩」の化粧水は他社の赤ら顔専用化粧水にはない独自の処方をしていますし、「セラミドリッチクリーム」を併用すると赤ら顔の原因に複合的にアプローチできます。

  • 他の赤ら顔専用化粧水では効果を感じられなかった。
  • どの赤ら顔化粧水を購入して良いか悩む。

    そんな方には、しろ彩のライン使いを試してみてほしいです。

     

    私自身、しろ彩に対して懐疑的な気持ちが少しあったのですが、いやはや、もっと早く使えば良かった・・・

    もともと赤ら顔だった私の肌質にピッタリでした!

    皆さんも、きっと「もっと早く使えば良かった!」という気持ちになりますよ。

     

    この記事では、「しろ彩」をオススメする理由や「しろ彩」を使った感想を口コミレビューしますね。

    しろ彩を使ったあなたの肌が、チーク映えのする透明肌になりますように!

    しろ彩化粧水しろ彩クリーム

    赤ら顔に「しろ彩」化粧水&セラミドリッチクリームをオススメする理由

    私が赤ら顔の方に「しろ彩」をオススメするのは、「しろ彩」をライン使いすることで、赤ら顔の様々な原因にアプローチできるから。

    もう少し具体的に説明しますね。

    赤ら顔の主な原因

    赤ら顔の主な原因は次の3つです。

    赤ら顔の原因
    1. 微弱炎症(肌荒れ)
    2. 血管(毛細血管)
    3. ニキビ跡など

     

    このうち「ニキビ跡」が原因で起こる肌の赤みは「赤ら顔」とは少し違いますね。

    レーザー治療が効果的だと思うのでしろ彩はオススメしません。

    ニキビ跡に効果的と言われるダイオートレーザーはクリニックだと保険適用外で自費診療になります。

    だけどダイオードレーザーの開発者が設立した会社が自宅で使える唯一のレーザー美顔器を発売しています。コスパは良いのでそちらも検討くださいね。

     

    赤ら顔の原因は微弱炎症or毛細血管拡張症

    赤ら顔の原因は主に微弱炎症もしくは毛細血管拡張症です。

     

    微弱炎症は肌の炎症。

    外側からは分からないような小さな炎症が肌内部でグツグツと起きている状態です。

    そのような微弱炎症には肌の調子を整える「セラミド」が重要。

    だから、世の中の赤ら顔専用化粧水は、基本的にセラミドが配合されていることを理由として「赤ら顔に良いですよ」と言っています。

    赤ら顔の原因が微弱炎症ならば、セラミドで解決できそうですね。

     

    だけど!

    微弱炎症だけでは「赤ら顔」で悩むほどの赤みは出ないと私は思っています。

    私自身も赤ら顔に悩みましたが、クリニックで指摘されたのは「毛細血管が皮膚から透けてみえるから肌が赤くなる」ということでした。

     

     

    赤ら顔の人は「毛細血管拡張症」といって、毛細血管が通常よりも太くなっていることが多いんです。

    赤い血の流れる血管が太かったら・・・

    そりゃ、肌が赤くなりますよね。

     

    その「毛細血管」の悩みにアプローチするのが白漢しろ彩化粧水です。

    「しろ彩」はぶよぶよのホースのように伸びた「毛細血管」にアプローチ。

    毛細血管がシュっとするように働きかける成分「プランクトンエキス」が入っているんです。

    プランクトンエキスはクロレラやユーグレナの仲間です。

     

    「毛細血管にアプローチ」という「しろ彩」の発想は、他の赤ら顔専用化粧水とは一線を画す発想ですよね。

    赤ら顔化粧水は「セラミド」による微弱炎症の抑制をメインに考えるものがほとんどです。

     

    「しろ彩」化粧水とセラミドリッチクリームのライン使い

    上述のように、赤ら顔の原因である「毛細血管」に対しては白漢しろ彩化粧水でアプローチして、「微弱炎症」に対しては「セラミドリッチクリーム」を使えば、透明感の肌も夢ではありません!

    セラミドリッチクリームは最近発売された新商品。

    せっかく化粧水とクリームが発売されているのですから、ライン使いして相乗効果を期待したいですね。

     

    「セラミドリッチクリーム」はセラミドの配合量が2%と他のセラミド化粧品には類を見ないほどのセラミドの高配合率

    しかも「ラメラ構造」といって、肌構造と同じ構造を採用しているので肌へスゥっと浸透しやすいですよ。

    \最高レベルのセラミド濃度配合/

    セラミドリッチクリームを見る

     

    「白漢方しろ彩」化粧水を使った感想を口コミ

    私が実際に「白漢しろ彩」を使って感じた感想を口コミレビューしますね。

    くもりガラスの加工をしているようなパッケージのしろ彩。

     

    高級感あります。

     

    化粧水は少し白濁した優しい色合いです。

    さらっとしているかと思いきや、少し厚みを感じるテクスチャー。

    ドンドン肌に入ります。

    「3回くらい重ねづけすると良い」とメーカーの方に聞いたので本当に3回重ねづけしたらグググっと浸透しました。

    肌をさわるとしっとりしているけどベタツキとか一切ありません。

    しろ彩の秘密はラメラ構造

    しろ彩化粧水を使うと化粧水が浸透しやすいことと、ベタツキが全くないことに気づくと思います。

    これは「しろ彩」化粧水が100%ラメラ構造で出来ているからじゃないかなと思います。

     

    「ラメラ構造」とは水と油が交互に重なって出来ている肌内部の構造のこと。

    肌と同じ「ラメラ構造」で作られた化粧水だから、肌にもスゥっと入っていくのだと思います。

    混合肌や脂性肌でTゾーンのテカリなどが気になる方には特に嬉しい使用感ですよね。

    しろ彩化粧水は肌が落ち着く

    白漢しろ彩の化粧水を使って一番感じたのは肌が落ち着くという感覚。

     

    落ち着くってどういうこと?

    と思うかもしれませんが、色々言葉を吟味した結果辿り着いたのが「落ち着く」という感覚なんですよね。。

     

    私は白漢しろ彩化粧水をコットンではなく手に取って使っているのですが・・分かりますか私の手。

    (自分で言うのもなんですが)なんかキレイじゃないですか(笑)?

     

    顔の皮膚が落ち着くなぁとは思ったのですが、気付いたら手までキレイになっていて

    あぁこの化粧水は本当に私の肌に合っているんだなぁ

    と実感してしまいました。

     

    しろ彩には前述した「プランクトンエキス」の他にも4つの和漢植物エキスが配合されている漢方化粧水という一面があります。

    4つの和漢植物エキス
    1. ショウガ根茎エキス
    2. 甘草
    3. 川芎
    4. 茯苓

    どのエキスも肌の赤みにアプローチするだけでなく、血行を促進したり美肌効果があったりと様々な効能がある、古来から肌トラブルに使われてきた成分なんです。

    和漢植物エキスの詳しい効能はこちら>>

    きっとこの和漢植物エキスが私の肌を「落ち着く」という状態にしてくれているのかなと思います。

     

    もうね・・・私が元々「赤ら顔」に悩んでいたからかもしれませんが、しろ彩は「赤ら顔用化粧水」と謳っているのがもったいないと感じてしまうほどの化粧水でした。

    赤ら顔ではない人にも「使ってみたらどう?」とオススメしたくなります!

     

    ココだけの話、アイドルグループ「乃木坂46」のメンバーも使っていると雑誌「anan」に書いてあったんです。

    この乃木坂46のメンバーも赤ら顔ではないけれども「しろ彩」を使っているんですよね。

    だから「ちょっと肌のトーンが悪いな」とか「肌トラブルの影響なのか少し肌が荒れているかな」と感じる方には是非しろ彩を使って見てほしいです。

    そして私が感じた「落ち着く」感覚を味わって欲しいです。

     

    \アイドルだって使ってる!/

    しろ彩をもっと詳しく見る

    「しろ彩」セラミドリッチクリームを使った感想を口コミ

    しろ彩セラミドリッチクリームのパッケージも重量感があって他の化粧品とは一線を画す感じです。

     

    曇りガラス加工がなんともいえずオシャレ。

    眺めているだけで「私、キレイになるかも?!」と期待させてくれるような外観です。

     

    セラミドリッチクリームは見た目だけでなく昨日もバッチリ。

    しわの効能評価試験実施済みで、医学誌にも掲載されているほどの実力なんです。

     

    附属のスパチュラで取ってみると、見た目はかなり濃厚なクリーム。

    そしてさすがセラミドを2%配合しているだけのことはあります。

    肌に馴染ませた瞬間、うわぉ~となるような保湿感を味わえます。

    これがセラミドの威力?!というくらいの潤いの実感力。

    保湿力は十二分にあることが体感できる使用感です。

    夜中とか、これがあればパックとかいらない感じです。

    保湿力が高いのにテカラない

    保湿感が高いとテカリも気になりますよね。

    朝などは特に化粧崩れの原因になりますので、いくら保湿力が高くても日中てかるようなこってりしたクリームは塗るのをためらってしまいます。

    だけどセラミドリッチクリームなら大丈夫。

    びっくりするほどにテカラないです。

    そして化粧水と同様に肌が落ち着くんです。

     

    これはきっとオイルによる保湿ではなくセラミドによる保湿だから。

    オイルだとテカリますよね

     

    しかもセラミドリッチクリームも100%ラメラ構造!

    肌と同じラメラ構造で出来ているクリームだから、肌にすーと馴染むんです。

    かなりの保湿感がありながらもテカリや重さを感じないのはさすがだなと感じました。


    今まで使ったクリームの中でもかなりオススメ

    私はコスメコンシェルジュ(化粧品検定1級)として様々な化粧品を試していますが、しろ彩セラミドリッチクリームはかなり良いですよ。

    そして、このセラミドリッチクリームを一度使うと「薬局などのセラミドはやっぱりセラミド含有量が少ないんだなぁ」というのも分かります。

    だって肌に付けた感じとか保湿感とか全然違いますから!

    プチプラのセラミド化粧品に満足出来なかった人は、是非「セラミドリッチクリーム」を試してみてはいかがでしょうか。

    クリームにありがちな「ボロボロ」したカスも全く出ないので、安心して使えますよ。

    しろ彩化粧水&セラミドリッチクリームの価格は?

    しろ彩化粧水とセラミドリッチクリームの値段について最後に書いておきますね。

    価格 初回
    化粧水(定期) 5680円 4480円(20%)
    化粧水(単回) 6200円
    クリーム(定期) 7400円 3700円(50%)

     

    正直、そんなにお安くはありません。

    でも個人的には「しろ彩」で赤ら顔の悩みから解放されるなら安いくらいかなと思います。

     

    私自身、赤ら顔に悩んで美容皮膚科に駆け込んだときは10万円以上の価格を告げられて途方にくれました。

    それに比べれば随分リーズナブルですよね。

    そしてプチプラコスメを買って「ちょっと違う」と思うくらいならば、最初からしろ彩を買った方が良いと思います。

     

    しろ彩なら、使いきったあとも30日以内であれば全額返金可。

    「肌に合わなくて損をした」という心配はありません。

    定期購入でお安く購入できるのに最低購入回数の縛りがなく1回のみでの解約もOKです。

    「白漢しろ彩」を選んだあなたが長年の悩みから解放されて、透明感のある薄付きツヤ肌メイクを楽しめるすっぴん美肌になれますように!

    しろ彩化粧水しろ彩クリーム